ホームへ

BEAUTY CUBE コラム


 ビューティーキューブ  美 ・ バランス ・ 美白を目指す

セラミドって?食べても効くの?
セラミドは1日の摂取推薦量が0.6mg(ビューティーキューブには1包で植物性セラミド3mg

セラミドは皮膚の表層を形成する角質層に存在する角質細胞間脂質の約55%を占める成分であり、肌のみずみずしさや柔軟性の保持、さらには外部からの有害物質の進入に対するバリア機能として重要な役割を果たしている。細胞間脂質が不足するとカサカサ肌荒れやアトピー皮膚炎を引き起こすことが知られている。セラミドは経口摂取によっても、皮膚の保湿機能を改善できることが報告されている。

角質細胞間脂質の組成
セラミド 55%
遊離脂肪酸 20%
コレステロール 15%
コレステロールエステル 10%

セラミドの経口摂取効果
外用では、塗布した部分にしか効果がないことが指摘されている。それに対し、食品として摂取できれば、全身の表皮にセラミドを補充することができる。セラミドは毎日摂取することでその効果がより顕著になる。

【参考文献】
科学と工業, 77(5) (2003)
日化協月報 10,18(1992)